SHOES OR

靴による人工生命への実験的アプローチ

SHOES ORは、靴による人工生命への実験的アプローチ作品です。靴という人間に履かれることで意味を持つ道具から、主体である人間を取り除き完全な無機物とした上で、音やインタラクション、複数個体による社会性など、人工生命を構成するいくつかの要素をインストールすることで、プレゼンスを表現している。池上高志、落合陽一らを審査員に迎えて開催された『3331α Art Hack Day 2016 にてインスタレーション作品 'SHOES OR' が最優秀作品賞を受賞。

Experimental approach artificial life create with shoes.

"SHOES OR" is an experimental approach to artificial life which uses shoes as a medium.According to Professor Takashi Ikegami, Information Science at the University of Tokyo.The idea of artificial life is the existence created by behavior that feels life without holding any organic functional or structural life such as cells / body tissues.We aim to update the definitions of life through this approach.

"SHOES OR" won the top prize at 3331α Art Hack Day 2016.


Supported by FOSTEX.
In Collaboration with ALife Lab.

_

 
shoesor_keyvisual.jpg
 

1.センス・オブ・プレゼンス

26個の靴から発せられるモーターの制御音と、それらに内蔵された振動モーターによってそれぞれの靴が振動することで生まれた動きと音が、複雑な環境を構成し、恣意的に作られたものではないプレゼンスを生み出す。

1.Sense of Presence

The sound emitted by motors and shoes movements construct complicated situations.This situation creates presence.It offers feeling of something being present.

 

2.エクスペリエンス・オブ・プレゼンス

作品単体を鑑賞者として見ることで完成するものではなく、ステージという切り取られた空間のに入り込み、音や振動に囲まれることで、その環境が生み出すプレゼンスを感じることができる。

2.Experience of Presence

SHOES OR is an experience focused interactive installation.Audiences can enter the space referred as the stage, they are surrounded by sound with vibrations and experience the feeling of the presence created by the whole environment.

3.コミュニケート・ウィズ・AL

靴がそれぞれ違った動きをすることにより、体験者との予測不能な相互作用を誘発し、体験者の行動を変化させる。それにより、靴とのコミュニケーションが成立し、体験者と靴のアクティブかつパッシブな、フィードバックループが生まれる。

3.Communicate with Artificial life

Various and complex Shoes movement create unexpected interaction with audiences.It also causes changing of human behaviors.We noticed communications between shoes and human based on this observations.It proves that feedback loop occurs in this situation.

 

Top Prize

3331α ArtHackDay 2016